AliExpressの招待コード「INB9UEZN」

壊れやすい掃除機メーカーに注意!今必見の掃除機とは?

壊れやすい掃除機メーカーに注意!今必見の掃除機とは?

一人暮らしや新生活などで気を付けなければならない代表格と言えば、買ってはいけないエアコンメーカーがあるという点です。それと同時に、壊れやすい掃除機メーカーにも気を付けなければいけません。しかし、そんなに注意点があるとどの家具を買ってよいのか分からなくなると思うので、この記事では今流行の掃除機を紹介しています。多機能なものから、機械が苦手な人でも簡単に使えるものまで様々なタイプを紹介しているので、必要だと思う機能が搭載されているものを購入してみましょう。

壊れやすい掃除機メーカーの特徴とは

壊れやすい掃除機メーカーの多くは安価なのに機能を沢山搭載しているタイプを販売しています。極端な話ですが、掃除機はゴミさえ効率的に吸い込むことができれば、他の機能はあまり必要ありません。例えば急速充電機能がある掃除機は、1日に何度も掃除機を使う人なら必要かもしれませんが、1週間に1回程度掃除機を使う程度ならあまり必要ないですよね。特にアリエクスプレスで売られているような無名メーカーの掃除機は、商品を良く魅せるためにあまり必要性の感じない機能を搭載しているタイプもあります。そのため、多機能な掃除機を購入するときも、必ず有名メーカー製を購入しましょう。

サイクロン式掃除機には要注意の理由とは

壊れやすい掃除機メーカーの中でも特に買ってはいけないのは、サイクロン式掃除機です。サイクロン式とは本体に内蔵されたダストカップに吸い込んだゴミをため込む方式で、ゴミが溜まったらダストカップを掃除する必要があります。ゴミの吸引力が強い利点がありますが、安価なメーカーの掃除機だと内部の吸い込む機関が根詰まりを起こしやすくなります。一方有名メーカーのサイクロン式掃除機は、ダストカップの取り外しも簡単でメンテナンス性に優れているため、非常に使いやすいです。

【今必見!】ダイソンのDysonV8SlimFluffyExtraSV10KEXTBU

ダイソンのDysonV8SlimFluffyExtraSV10KEXTBUはサイクロン式掃除機で、内蔵モーターが1分間に最大107,000回転してゴミを吸引してくれます。壊れやすい掃除機メーカーの商品とは違い、吸引されたゴミに触れることなくメンテナンスができます。また、ハンディクリーナーとしても使えるので、小型掃除機を探している人にもおすすめです。また、一度充電すれば5時間動くところもおすすめポイントですよ。

【日立製イチオシ】日立のかるパックスティックPKV-BK3K

本体重量が1.1キログラムしかないので、持ち運びに便利なところが日立のかるパックスティックPKV-BK3Kのおすすめポイントです。壊れやすい掃除機メーカーの商品だと無駄に重量があったり、軽い掃除機だとパーツの耐久性が無くてすぐに壊れてしまうことがあります。その点この商品は耐久性にすぐれており、紙パックを交換するだけで強い吸引力を維持できる利点があります。

【自動調節機能搭載】アイリスオーヤマSBD-T1P

アイリスオーヤマSBD-T1Pは、壊れやすい掃除機メーカーの機種よりもゴミの量に合わせたパワー調整力に優れている掃除機です。セーフモードなら約40分動く上に、ゴミの量に合わせた自動モードでも約20分近く動いてくれます。消費電力が少なく、一人暮らしなどでいろいろ節約したい人にもおすすめの掃除機です。また、静電モップが付属しているため、テレビ画面などデリケートな部分を掃除するときにも安定した吸引力を発揮してくれます。

まとめ

壊れやすい掃除機メーカーの商品は、すぐ壊れてお金が無駄になるだけでなく、吸引力が足りなくて掃除機の役目を果たさないことがあります。そのため、掃除機を購入するときはこの記事で紹介したような有名メーカーの物がおすすめです。間違っても安価な無名メーカーで無駄に沢山機能が搭載されているものは購入しないほうがいいでしょう。