AliExpressの招待コード「IN0JH423」

AliExpress、Alibaba、1688、Taobaoの違い!【中国通販】

中国の大手通販サイトでよく名前の聞く、

AliExpress(アリエクスプレス)

Alibaba(アリババ)

1688(アリババ)

Taobao(タオバオ)

これら4サイトの違いを比較していきます

お急ぎの方は目次より「比較グラフ」をクリックしてください!

4つサイトの関係とは?

アリエクスプレス、アリババ、1688、タオバオ全て「アリババグループ」が運営しています

なのでアリエクスプレスやタオバオなど上記4サイトは「子会社」であると言えます

日本でいうと「ソフトバンクグループ」の子会社に「Yahoo」や「paypay」などがあげられます

アリババグループは中国のオンラインマーケットの8割を得ておりほぼ独占状態にあると言えます

他にもアリババグループはいろんな事業をしています(公式HP

ではそれぞれでどのような違いがあるのか見ていきましょう

AliExpress(アリエクスプレス)

アリエクは「小売り」であるため個人のお客さんを対象にしています

サイトが日本語(英語)に対応しており、海外発送もしているので日本からでも購入することができます

日本で広く流通しているクレカ(Visa、mastercard、JCB)も使えるので個人での買い物にオススメです!

メルカリやyahooでの転売に使うこともできますが、個人向けのため中国輸入をして生計を立てたいという方には向いてないでしょう

AliExpressで買った商品をメルカリで転売してみた!儲かる?【商品公開】

1個から購入できるため1個あたりの単価は高く配送が遅いです

しかし価格は送料込みでありAmazonなどの中華製品に比べると安いと言えます

AliExpress公式サイトはこちら

Alibaba(アリババ)阿里巴巴

アリババグループが一番初めに始めた通販サイトです

アリババは「卸売り」であるため業者やお店を経営する人を対象としています

サイトが英語対応しており、日本への発送も行っています

クレジットカード決済にも対応していますが、アリエクと違いカード手数料が追加でかかるのが特徴です

また卸売りのため最小単位が数十個~数百個となっているので事業を始めたばかりの人とかは少しリスクが高いかと思います

Alibaba公式サイトはこちら

1688(アリババ)阿里巴巴

こちらも上記のAlibabaと同じ読み方をします

中国語では1688の発音がアリババに似ているそうです(詳しくはこちらが参考になります)

では上のアリババと何が違うかというと1688は中国国内専用のサイトとなっています

そのため中国国内のみの発送であり、アリペイ決済のため海外クレカには対応していません

よって日本から商品を購入するには他の中間(決済代行)業者を通す必要があります

なので日本在住者であれば卸売りの場合1688を利用するよりアリババを利用した方が良いです

1688公式サイトはこちら

Taobao(タオバオ)淘宝網

タオバオは「小売り」のため個人のお客さんを対象にしています

しかしサイトが中国語のみ(Google翻訳使えば可)であるため中国語が分からないと利用は難しそうです

決済は以前はアリペイのみでしたが現在はクレジットカード対応になりました。そのため日本人でも購入はできますがやはり言語の壁( ;∀;)

個人で出店できるので価格はピンキリで同じ商品が多いのが特徴です

Taobao公式サイトはこちら

比較グラフ【まとめ】

サイト名 対応言語 販売対象 販売形態 カード決済 こんな人向け
AliExpress 英語(日本語) 海外 小売り 個人
Alibaba 英語 海外 卸売り 企業や業者など大量輸入する人
1688 中国語 国内 卸売り × 中国語できる中国在住者
Taobao 中国語 国内外 小売り 中国語できる人
 
るる
るる

右にスクロールすることができるよ!

まとめるとこのような感じになります

当ブログでは個人利用での商品を扱っているので今後もアリエクスプレスの商品を紹介していきたいと思います!

まだアリエクスプレスを利用したことないという方は招待コードを入れると割引クーポンがもらえるのでお得です↓

招待コード→IN0JH423

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です